ランニング男性

レビトラ通販を知る

黒板と男性

レビトラは海外医薬品として制定されています。つまり購入の際は『輸入』という手続きを取っているというわけです。そして、海外製薬会社と消費者の間で「輸入に関する手続き」を代行してくれる、個人輸入代行業者というものが存在します。ではその関係性と、商品が届くまれの流れを順を追ってみてみましょう。

そもそも、海外から医薬品を輸入する行為というものは、何か犯罪めいたものを感じてしまうかもしれませんが、実は厚生労働省により認められ、薬事法という法律の下で手続きが行われている立派な合法商法なのです。しかしこの構図に目を着け悪さをたくらむ業者も存在しますの気をつけなければなりません。

まず消費者とそれぞれの関係性ですが、インターネットで購入した商品を個人輸入代行業者(運営サイト)が、海外の製薬会社へ注文を掛けます。このときその売り上げも製薬会社側に送金されます。それを受けた製薬会社は、薬を製造し消費者宅へ空輸に手商品を発送するという流れです。

これが違反の場合は個人輸入代行業者が、海外製薬会社より多く商品を仕入れ、運営サイト側で管理されているケースです。そうなると、即日配送で発送したり一週間以内で商品が届くといった事態が起こり、最悪の場合、違法な取引に巻き込まれてしまう可能性がありますので、商品は発送の期間はしっかり確認する必要があるのです。

また、その薬事法で認められちない医薬品の販売も法律違反となるので自分が購入しようとしている薬の立場をしっかりと周知する必要があるのです。どうしても不安な場合は、厚生労働省に問い合すなどして対処しましょう。その様な薬を間違って購入し、重大な事故につながっても、法律的には自己責任として処理されるので気をつけましょう。